UNO/ウノ

●ゲームバーPeeGee大阪心斎橋店にあるボードゲーム紹介
「UNO/ウノ」

 

ゲームの紹介

世界中で愛されているUNO(ウノ)
ルールは簡単です。一人7枚のカードを持ちゲームがスタート。
手持ちのカードを減らしていって、一番最初に手持ちカードが無くなった人の勝利!

UNO(ウノ)は家族や友達とはもちろんのこと、パーティや宴会などで盛り上がるにはもってこいの、定番中の定番のカードゲームです。

2016年に発売されたリニューアル版のUNO(ウノ)は、発売されてからはじめてのルール改正が行われ、ますます楽しめる要素が増えました。

 

ゲームのルール

まずは「親」を決めます。
親の決め方は、各プレイヤーは1枚ずつカードをとっていき、一番大きな数字を引いた人が「親」になります。そして、親となったプレイヤーは、カードを配ったり最初のカード(場のカード)を決めます。(記号カードはゼロとします)

親となった人はカードをよくきった後に各プレイヤーに7枚ずつ裏返してカードを配ってください。
残ったカードは裏返しにして山札にします。
親が一番上のカードをめくって、山札の横に置きます。
これが捨て札の山の最初のカードになります。

親から時計回りにゲームスタート。自分の手持ちのカードを順番に置いていきます。

自分の手持ちのカードの中に、場に出ているカードと、同じ数字・同じ色・同じ記号がある時にカードを1枚出すことができます。
出せるカードがない時は、山札から1枚カードを引きます。

そして、残りのカードが1枚になったら「ウノ!」と元気よく叫びましょう。
「ウノ!」を言い忘れてあがった場合、山札からペナルティとしてカードを2枚引かなければいけないから忘れずに!

一番初めに手持ちカード全て無くなった人の勝利となります。

 

作品のデータ

タイトル:UNO/ウノ
メーカー:
Junias (ユニアス・日本)
作者:

発売年:
1979年~
対象年齢:
7歳~
プレイ人数:
2~10人
プレイ時間:
10分~20分程度
難易度:
★★☆☆☆

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ