ゲームバーPeeGeeスタッフ【レオブログ】Hanabi

   

みなさんこんばんは♪
ゲームバーPeeGee大阪心斎橋店、スタッフのレオですヾ(@°▽°@)ノ
最近ボードゲームのレビューを見るのが趣味になってきました。

今回は協力型のボードゲームを紹介したいと思います!

 

Hanabi


【プレイ人数】2~5人
【プレイ時間】平均30分
【タイプ】意思疎通型協力ゲーム

 

どんなゲームか

このゲームは皆で協力して行います。
赤、青、白、緑、黄色の5色の花火カードを、1~5の順になるように場に並べていきます。ところが、自分の手札は自分で見ることができません。仲間に情報を教えてもらいながら、たくさんの花火を並べて、盛大な花火大会を開催することが、ゲームの目的です。
相手が何を伝えようとしているのか、場の状況やタイミングから推測していくことが必要となります。

 

ゲームの準備

※通常ルールで行う時は、多色カードを最初に取り除きます。

①青トークン8枚を箱の蓋に入れます。(1枚失くしたので、コインで代用してます)
②赤トークン3枚を蓋の横に置きます。
③50枚の花火カードをシャッフルし、裏向きにして山札にします。
④山札から、プレイヤーに手札を配ります。
(2~3人…5枚、4~5人…4枚)
⑤自分の手札カードを、自分では見えないように、相手に向けて持ちます。

 

ゲームの流れ

最もカラフルな洋服を来ている人が、スタートプレイヤーになります。その後は、時計回りに進行します。基本的に、自分の手番内に、他プレイヤーからアドバイスをもらったり、プレイに影響することを教えてもらったりすることはできません。
プレイヤーは自分のターンに、以下の3つから1つのアクションを選び、行動します。パスはなしです。

①情報を伝える。(青トークン1枚消費)
任意のプレイヤーに、情報を1つ伝えます。
教えることができる情報は、以下の2つです。

《1》カードの色についての情報(1色のみ)
「ここに赤のカードがあるよ。」、「こことここが、白のカードだよ。」など。

《2》カードの数字についての情報(1種類のみ)
「ここは、4のカードだよ。」「こことここは、1のカードだよ。」など。

情報を伝える際には、青トークン1枚を消費します。消費したトークンは、箱の外に出します。青トークンが1枚も残っていない時は、このアクションを選択することができなくなります。
教えてもらった情報を忘れないように、カードの位置を手札内で移動させても良いです。教えてもらった情報をずっと覚えておくのは難しいので、オススメのテクニックです。

*注意*
伝えるのは、完全な情報でないといけません。例えば、白1のカードと白4のカードを持っているプレイヤーに色を伝える時、どちらかのカード1枚をさして「これは白のカードだよ。」と言うことはできません。必ず、「これとこれが、白のカードだよ。」と、2枚の白カードについての情報を伝えることになります。

②カードを捨てる(青トークン1枚回復)
「捨てます。」と宣言し、手札からカードを1枚捨てます。捨てたカードは表向きして、捨て札置き場に並べます。そして、山札から新たなカードを補充します。補充する時も、見ないように注意しながら、手札に加えて下さい。

このアクションを行うと、青トークンが1枚回復します。めったにないとは思いますが、青トークンが全部残っている時は、このアクションは行えません。
ここで大切なのが、全カードの内訳です。5色のカードがあり、それぞれ1~5までの数字が割り振られています。1は3枚、2.3.4は2枚ずつ、5は1枚だけ、という内訳になっています。つまり、1は2枚、2~4は1枚は、場に不要なカードだということです。「これは捨てても良いカードだな。」というカードを推測して、タイミングを見ながら、カードを捨てていくことが大切です。

 

③カードを場に出す。

「出します。」と宣言し、手札からカードを1枚、表向きに出します。アクション成功なら、場にカードを並べることができます。もし1~5のカードまで全て並べられた場合は、ボーナスとして、青トークンが1枚回復します。成功・失敗どちらになっても、山札から1枚、手札にカードを補充します。

番号は1~5の順でしか、カードを並べることができません。例えば、白1のカードしか場にない状態では、白3のカードを出しても、場に並べることができません。その場合はアクション失敗となり、出したカードは捨て札になります。この場合、青トークンの回復は行いません。
このアクションに失敗すると、赤トークンが1枚減ります。赤色トークンは3枚だけで、復活もしません。そのため、3回このアクションに失敗した時点で、花火大会は中止となり、ゲームオーバーになります。

 

ゲーム終了条件

ゲームが終わる条件は、以下の3つです。

①ゲームオーバー
「カードを出す」アクションに3回失敗し、赤トークン3枚全てがなくなった場合です。その時点でゲームは終了です。花火大会は中止となり、プレイヤーは敗北します。

②完全勝利
5色のカード全て、1~5までを並べることができた場合です。山札がまだ残っていても、この時点でプレイヤーは勝利します。

③山札がなくなる
最後の1枚のカードが、山札から引かれた場合です。最後のカードを引いたプレイヤーも含めて、各プレイヤーがあと1回ずつ手番を行ったら、ゲーム終了です。この後、得点計算に移ります。

 

得点計算

場に並んだ5色の花火カードの列で、1番大きい数の合計が得点になります。画像の場合、5+2+3+1+4で、15点になります。
得点の評価は以下の通りです。

 

プレイ中のコミュニケーションについて

ものすごく厳密にプレイすると、「情報を伝える」のアクション中にしか、仲間内でコミュニケーションができないことになります。しかし、自分達でコミュニケーションのルールを決めて、プレイすることもできます。仲間内でやる時は、「自分のターンに独り言を呟くのはOK」でプレイしていました。
「これとこれが3って、このタイミングで教えてくるってことは出していいよってことやと思うねんなー。でも次〇〇君困りそうやから、情報伝えとこうかなー。」
「ずっと何も教えてくれへんってことは、僕のカードは場に必要ないってことやと思うから、とりあえず捨てとこうかなー。」
みたいな感じで、自分の理解を周りに伝える感じですね。ただ、間違ってたらちょっと恥ずかしいです(笑)

 

おすすめポイント

シンプルなゲームですが、めっちゃ頭を使います!青トークンの数を常にコントロールしつつ、場のカード・捨て札・仲間の手札を把握して、自分のアクションを決めていくのが楽しいです。自分のことだけ考えていてもダメで、他のメンバーが次にどんなアクションができるかを意識してあげないと、仲間が困ることになります。まさに協力ゲーム!って感じですね。
頭フル回転させている間に、せっかく教えてもらった情報を忘れてしまったり、逆に情報を重複して伝えてしまったりすることもよくあります(笑)仲間の冷たい目線が胸に刺さります…。
伝えられる情報の種類が限られているので、察する力も必要になってきます。相手が伝えたいことを真逆の意味に捉えて、必要なカードをポイッと捨ててしまった時は、ほんと「うわああああああ…!」ってなります(′・ω・`)でも、相手の言いたいことを完璧理解してプレイできた時は、めっちゃ気持ちいいですよ!

協力ゲームの長所は、終わった後、全員共通の達成感があることですね!「俺たちはやったぜ!仲間だぜ!」って感じになれます。もうすぐ夏ですし、祭りの季節がやってきます。是非一緒にプレイして、日本一の花火大会を開催しましょう!

ゲームバーPeeGee大阪心斎橋店のスタッフレオでした!

 

 - スタッフブログ, ボードゲーム