大阪のゲームバーの魅力について

      2017/01/05

ゲームバーは大都市圏にいくつか点在しています。人気が急上昇している為に店舗数も徐々に増加しています。また、他の大都市圏よりも店舗数の増加が著しいのが大阪です。大阪の中心地だけで10店舗以上存在しています。急激に増えた背景にインターネットカフェや一般的な喫茶店よりもリラックスできる環境でゲームができることを挙げられます。インターネットカフェでは個室なので集中はできるものの仲間とゲーム話しで盛り上がることはできません。一般的な喫茶店では会話はできるものの飲食代を負担しなければならず、長時間滞在をすることは迷惑な客と思われてしまいます。場合によっては出入り禁止を言い渡されることもあります。安心してゲームを楽しめる環境が備わっているのがゲームバーなのです。大阪での店舗数が多い理由、ゲームバーの魅力などを検討してみましょう。

ゲームバーの魅力

1、店舗数が多いことで価格競争が激しい
2、利用できるサービスが異なっている
3、他の大都市圏の店舗はアルコールは別料金だが、含まれている店舗もある
4、各店舗で異なるイベントが開催されている
5、営業している時間帯が店舗によって異なっている

それぞれ具体的に考えていきます。
1、近隣に同業種の店舗が多い事で、利用者を増やそうと価格をギリギリまで引き下げようと努力をします。1店舗しかない場合は競争する相手がいないので価格が高くても利用してもらえます。店舗が増えれば価格が安いところに人気が集中してしまいます。店舗数が多いということは妥当な価格になることを意味しています。
2、店舗によって利用できるサービスが異なっています。寝転びながら遊べるところ、パソコンやゲーム機が豊富にあるところなど好みに合わせて利用をすれば良いのです。お気に入りのサービスを提供している店舗を見つけることができます。
3、他の大都市圏の店舗はソフトドリンクと自家製カレーが飲み放題食べ放題だけなのですが、大阪ではアルコール飲料も含まれている店舗もあります。もちろん飲み放題なので居酒屋よりも安く済ませられます。つまみにするメニューは別料金にはなりますが、低価格で提供されています。お菓子などの食べ物であれば持ち込みを認めている店舗を利用すれば、格安で利用ができます。状況に応じて店舗を選ぶと良いです。
4、各店舗では別々のイベントが企画されています。店舗主催やユーザー主催のイベントが開催されています。同じゲームや同じ趣味を持つ人が集まっているのですから、引っ込み思案な人や人見知りの人でも自然に打ち解けることができます。会話が続かないと心配する必要はありません。どのような人でも自然に会話ができるようになります。
5、朝から晩までの店舗、昼から翌朝までの店舗、24時間の店舗など営業時間は各店舗で異なっています。お気に入りの店舗を決めたら、営業時間に合わせて1日のスケジュールを組み立てると良いです。ストレスがたまる現代社会だからこそゲームバーでリラックスタイムを設けることが必要なのです。

 - ゲームバー