ゲームバーでみんなで盛り上がれる!複数人で楽しめる誰でも簡単にできるゲームまとめ【2人~4人以上】

友達とゲームバーに行ってわいわい楽しく盛り上がりたいんだけど、一体なんのゲームがいいの?
せっかくゲームバーに行っても盛り上がれなかったら寂しいですよね?

「ゲームあんまり得意じゃないんだよな~」
「ゲームそんなに知らないし・・・」
「本当にゲームバーで盛り上がれるん?」

そんなゲームバー初心者の方必見!
ゲームバーに初めて行った時に盛り上がれる!誰でも簡単にできるゲームをいろいろ紹介したいと思います。
(プレイ人数や難易度も掲載しています。)
これを最後まで読んだら、ゲームバーでみんなで楽しく盛り上がれるゲームが見つかるはず!!

 

スポーツ系

ゲームバーで盛り上がれるゲームはやはり対戦系が楽しめます。特にスポーツ系は盛り上がれること間違いなし!
ゲームをあまりしたことのない初心者の方でもゲームバーで楽しめる、比較的簡単なものをまとめてみました。

マリオテニスシリーズ


難易度:★☆☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★★

任天堂のマリオブラザーズシリーズに出てくるキャラクター達がテニスをするゲームです。
押すボタンにより実際のテニスのような、トップスピンやロブショット、スマッシュやスライスなどが打てて、さまざまなショットを繰り出して対戦ができるようになっています。操作も簡単にできるので、初心者の方でも簡単にプレイできると思います。

コートも色々用意されており、普通のコートでテニス本来の駆け引きを楽しんだり、一風変わった仕掛けのあるコートなどもあるので、一味違った楽しみ方もできます。

いろんなゲームバーで人気のみんなで盛り上がれるテニスゲームです!

 

ウイニングイレブンシリーズ


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:1~8人(シリーズによって変わります)
オススメ度:★★★★☆

サッカー部やった人やサッカーが好きな人が、ゲームはあんまりしないけどウイイレだけはやる!みたいな人がゲームバーには多いです(笑)
サッカーゲームと言えばウイイレ!っていう人も多いのではないでしょうか?

シリーズを重ねるに連れ、グラフィックも向上しゲーム性も良くなっています。初心者でも分かりやすい操作なので、ゲームバーでサッカーゲームがやりたい!って思ったときはウイニングイレブンをやっておけば間違いないでしょう。

 

Wiiスポーツ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

本当に体を動かしてできるゲームです。ゲームバーでみんなで盛り上がるにはもってこいの作品!
Wiiのリモコンを使って「テニス」「ベースボール」「ゴルフ」「ボウリング」「ボクシング」の5種類のスポーツを体を動かしながら遊ぶことができます。
難しい操作は一切不要で、感覚的に誰でもできるので、みんなでわいわいしながらプレイできます。
全てのジャンルで複数で対戦が可能です。
ちなみに全世界で最も売れているスポーツゲームだったりします。

ゲームをあまりしない方でも、このゲームならゲームバーで楽しく盛り上がれるはず!
ゲームバーでプレイする時は体を動かしてするので、周りに気を付けてくださいね(笑)

 

みんなのゴルフシリーズ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★★☆

国民的ゴルフゲームのみんなのゴルフ。
「みんなのゴルフ」は、初心者の方でも簡単にゴルフゲームを楽しめる作品として、ゴルフゲームでは圧倒的な知名度を誇っています。

手軽に誰でも楽しめるゴルフゲームの定番で、ゲームバーでする人も多いです。
ゴルフゲームは他のスポーツ系のゲームと違ってあまりしたことのない人も多いかと思うので、ゲームバーでみんなで楽しみながらしてみては?

ちなみに2017年の春にはスマホアプリでも出るみたいなので楽しみですね。名前は「みんゴル」にリニューアルされるそうです。

 

マリオ&ソニック AT リオオリンピック


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:ローカルプレイ2~4人
オススメ度:★★★★☆

任天堂の看板キャラクター「マリオ」とセガグループの看板キャラクター「ソニック」が共演するゲームソフト。2016年に開催された夏季オリンピックの「リオデジャネイロオリンピック」が舞台になっています。

なんと言ってもグラフィックが綺麗です!
ゲームバーPeeGeeにある大画面モニターでやるとその綺麗さに感動します!(特に水泳)

競技は「100m走」「新体操クラブ」「アーチェリー」「卓球」「ボクシング」「100m自由形」など14種類+なんでもありのバトル競技「バトルビーチバレー」「バトルサッカー」「バトルラグビー」の3種類が収録されています。
簡単な操作でできる、ミニゲーム詰め合わせのゲームで、ゲームバー初心者の方でも楽しめると思います。
試合はシンプルで1つ1つの時間が短かくできており、手軽に遊ぶことがでるので、ゲームバーで気軽にするゲームとして最適です。
お祭り感覚が出ていて楽しくプレイでき、時には熱くもなれる作品です!

日本の代表として大観衆の中、各種競技に参加して金メダルをゲットしていきましょう!(ゲームですが笑)

 

パズル系

ゲームバーで楽しめるゲームとしてパズル系も抑えておきたいところ!
特に女性のお客様はパズル系のゲームが好きだったりします。
ゲームバーで試しに一通りやってみてはいかがでしょうか?

テトリスパーティープレミアム


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

テトリミノというブロックを横一列に並べて消していく、超定番!落ち物系パズルゲーム「テトリス」のパーティーエディションです!
シンプルなルールと操作なので、誰でも簡単にプレイすることができます。

収録されているゲームモードは23種類!
基本ルールのテトリスはもちろんのこと、ちょっと変わった新感覚のテトリスまで、多彩なモードが盛りだくさん。最大4人でテトリスを楽しむことができちゃいます!アイテムを使ってライバルを邪魔したり、仲間と協力してラインを消したりと、みんなでわいわいテトリスを楽しむことができます。

史上最大級のボリュームで様々なモードが楽しめるプレミアムテトリス!ゲームバーでするにはもってこいのテトリスシリーズです!

 

ぷよぷよシリーズ


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:1~4人(シリーズによっては2人)
オススメ度:★★★★☆

これもテトリスに次ぐ、落ち物系パズルゲームの定番「ぷよぷよ」
ゲームバーでよくしてる人を見かける作品です。
ぷよと呼ばれる、丸いかわいいグミのようなものを、同じ色4個以上くっつけると消えるシステム。
ぷよが消滅し、上にあったぷよが落下し、その時に再び4個以上同じ色のぷよがくっつくと消滅し、連鎖というものが起きる。
連鎖ができれば相手に攻撃をしかけることができるので、うまいこと連鎖を組んでみよう!

シリーズにもよりますが、最大4人で遊ぶことが可能です!ゲームバーでも人気の作品です。

 

ぷよぷよテトリス


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

上で紹介した「テトリス」と「ぷよぷよ」の2大アクションパズルゲームが両方ともできる作品。
おそらくゲームバーで一番やってる人が多いであろうパズルゲームです。

「ぷよぷよ」VS「テトリス」といった画期的な対戦ができてしまいます!!
もちろん、今まで通りの「ぷよぷよ」VS「ぷよぷよ」や「テトリス」VS「テトリス」ももちろんできるので、ゲームバーで対戦すると楽しいですよ。

最大4人で対戦することが可能で、2対2や1対3なんかの変則マッチも可能。それにより、めちゃくちゃ強い人1人vsその他3人みたいなハンデ戦も可能に!?

その他に、ぷよとテトリミノが1つのフィールドで共演する「ぷよテトミックス」などのルールもあり、わいわい楽しく盛り上がれます。 ゲームバーPeeGeeの大画面でやってみると迫力あって盛り上がりますよ!

 

パネルでポン


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大4人(スーファミ版は2人)
オススメ度:★★★★☆

1995年にスーパーファミコンで発売された「パネルでポン」ですが、いまいち知名度はありません。
しかし!ゲームバーPeeGeeでは、テトリスやぷよぷよをしのぐほどの人気があったりします。

ルールはカーソルで囲まれた2つのパネルを入れ替え、縦、 横に3つ以上同じ色のパネルを並べるとそのパネルが消えます。パネルはテトリスとかのように上から降ってくるのではなく、なんと、画面の下から徐々に上がってきます。そして、天井にパネルが当たるとゲームオーバーとなります。

操作は簡単でルールも簡単なので、誰でも遊べると思うのですが、何故かそこまで広まらなかった隠れた名作パズルゲームです!

ゲームキューブのパズルコレクションにしゅうろくされているパネルでポンは最大4人プレイが可能です。
ゲームバーに行った時は一度やってみて下さい!面白いですよ!

 

ドクターマリオ


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:1~4人(ファミコン版は2人)
オススメ度:★★★★☆

これもテトリスと同じ、落ち物系のパズルゲームです。「ドクマリ」って呼ばれてます。
ビンの中に赤・黄・青の3種類のウイルスが潜んでおり、同じ色のカプセルを縦か横に4個以上並べるとウイルスは消えます。最終的に全てのウイルスを消してしまったらクリアとなります。

対戦ではぷよぷよの連鎖のように連続でウイルスを消したり、同時に違う色を消しすことにより、相手を邪魔する攻撃をしかけることができます。

ドクターマリオは1990年にファミコンから発売されており、二人で対戦が可能です。
ゲームバーで3~4人で対戦したい場合は、上でもあげたゲームキューブのパズルコレクションにパネルでポンと一緒に収録されているので、そちらで対戦しましょう!

 

アクション系

ゲームバーの魅力はみんなで楽しく盛り上がりながらゲームができるところ。
アクション系のゲームは友達と対戦や協力しながら楽しめる物が多数あります。
その中でも、ゲームバーで人気の物を集めてみました!
ゲームバーに行って何をするか迷った時は、下に紹介するゲームをやってみて下さい!

Newスーパーマリオブラザーズ Wii


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★★

横スクロールアクションゲームの王道、マリオブラザーズシリーズのwii版です。

この作品から1つの画面で4人同時プレイが可能になりました。
マリオ、ルイージ、黄色のキノピオ、青のピノキオの4人をそれぞれ操作することができます。
友達と協力し合ってのプレイはもちろんのこと、妨害をすることもできたり!?

高く飛び上がる事が出来るプロペラマリオ、アイスボールを投げて敵を凍らすことのできるアイスマリオ、氷の上で自由に動けるペンギンマリオなど、さまざまな能力を持つマリオが登場!

十字ボタンと二つのボタンだけの簡単操作で誰でも楽しく遊べます!
ゲームバーでわいわい楽しくできる、協力型のアクションゲームです。
ゲームバーPeeGeeにある大画面モニターなら、4人でやった時もキャラクターが見やすいので、協力しながら楽しくクリアしていけると思います。

 

マリオカートシリーズ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人(スーファミ版は2人まで)
オススメ度:★★★★★

マリオシリーズのキャラクター達が、色んなアイテムを駆使しながら競争するアクションレースゲームシリーズです。

様々な特徴のあるコースで速さを競うレースゲームですが、強いアクション性やギャンブル性が盛り込まれているので、プレイヤーの力量もさることながら、運も重要になってきます。

コース上に様々なギミックがしかけられていたり、様々な効用を持つアイテムが入手出来るアイテムボックスが存在します。しかし、このアイテムボックスから手に入るアイテムはランダムなので、やはり運要素も強かったりします。

縦横無尽に疾走するマリオたちを操作するのは爽快です!
操作は簡単なので、ある程度やれば簡単にできると思います。

ゲームバーPeeGeeでも人気で
「誰や!甲羅ぶつけたの!」
「逆走してるー」
「落ちてもたー」
などなど、そんな悲痛な叫び声がいつもゲームバーでは聞こえてきます(笑)
ゲームバーで何をするか迷った時は、マリオカートをしてみるといいかも!?
女性にも非常に人気の作品です。

 

スーパーボンバーマンシリーズ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~8人(シリーズによって異なります)
オススメ度:★★★★★

ボム(爆弾)による爆風で、ライバルを吹き飛ばして倒す、人気のアクションゲームです。
爆弾を使って壁を破壊するとアイテムが出ます。それを取ると様々なパワーアップを図ることができます。
ゲームバーではスーパーファミコンで出た「スーパーボンバーマン5」が人気かと思います。

単純なゲーム性ですが飽きの来ない不朽の名作です。
一人でも楽しめますが、やっぱり複数(特に4~5人)でするのが盛り上がっておすすめです。
誰でも簡単にできるので、ゲームバー初心者にもおすすめ!

自分の爆弾で死なないようにしましょう(笑)

最新ハードのNintendo Switchで発売される、最新作のスーパボンバーマンRは最大8人対戦が可能になるようです。
あなたもゲームバーで白熱したバトルを繰り広げてみては?

 

ロケットリーグ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★★☆

ジャンプやロケット飛行ができるラジコンカーにサッカーをやらせるという、一見メチャクチャにも思える内容ですが、初心者でも簡単に操作でき、ルールも簡単と素晴らしいゲームになってます!

ルールは単純明快!
ラジコンカーを使い、相手のゴールにボールを叩き込み、より多くの得点を獲得したチームが勝ち。
これだけです!
サッカーですが、本当のサッカーのようなパス回しやシュート、ファウルやオフサイドのような細かいルールは全くありません。

コンピューターを混ぜて4対4の対戦も可能ですが、友達と2対2で対戦した方が盛り上がるかと思います。
初心者の方でもワイワイ騒ぎながら楽しくプレイできるので、パーティーゲームとしては非常に優秀かと思います。ゲームバーでするには持ってこいのゲームです。

ゲームバーPeeGeeでも非常に人気があり、有志が集まってロケットリーグ交流会が行われる程の面白いゲームです!

 

カービィのエアライド


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

ゲームバーでカービィのエアライドをしてるお客様から、「これは隠れた名作や!!」とよく言われてる印象があるゲーム。
カービィシリーズで唯一のアクションレースゲームのエアライド。
カービィのエアライドの操作方法は他のアクションレースゲームとは違い非常にシンプル。
なんと!Aボタンと左スティックしか使用しません!シンプルで遊びやすく、初心者に非常に優しい設定になっています。

このゲームには遊び方の違う3つのゲームモードが用意されています。

途中で出てくる敵を吸い込み、コピーすることによって、様々な能力が得られます。これもAボタン一つでできてしまうので、本当に簡単に操作できてしまいます。

最大4人で遊ぶことが出来るので、ゲームバーでわいわい盛り上がってみてはいかがでしょうか?
ゲームバーでは女性がよくやってることが多いと思います。

 

対戦格闘系

やっぱり友達と対戦するゲームは盛り上がります!
ゲームバーで人気のある対戦型格闘ゲームを紹介したいと思います。
一度ゲームバーで対戦してみて下さい。熱い戦いが繰り広げられるはず!?
くれぐれも、対戦に熱くなりすぎてゲームバーで喧嘩とかしないでくださいね(笑)

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~8人(シリーズによって変わります)
オススメ度:★★★★★

任天堂の人気キャラクター、ピカチュウや星のカービィ、マリオシリーズに出てるキャラクターなどが一同に会し、大乱闘を繰り広げる、ゲームバーでは非常に人気のある作品。
初めて発売されたのは、ニンテンドウ64で、当時はキャラクターが「マリオ・ドンキーコング・リンク・サムス・ヨッシー・カービィ・フォックス・ピカチュウ」の8人しかいなかったのに、WiiU版で発売された大乱闘スマッシュブラザースfor Wii Uでは、55人に増えてます。

操作も複雑なコマンド入力を必要としないので、初心者の方でも簡単に出来てしまいます!
ゲームバーで対戦格闘型のゲームをしよっかなぁと思ってる方は、スマブラをやっとけば間違いなし!

ゲームキューブやwiiなど、色んなハードで出ていて面白いので、大勢の時はやってみて下さい。
特に、WiiU版は最大8人でできるので、ゲームバーに大勢で来た時に盛り上がること間違いなしです!
グラフィックも非常に綺麗なので、ゲームバーPeeGeeにある大画面でやると迫力満点です!

ゲームバーPeeGeeではスマブラの有志が集まってイベントも開催されてるので、興味ある方は参加してみてはどうでしょうか?

 

TowerFall Ascension


難易度:★★★★☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★☆☆

TowerFall Ascension」(読み方はタワーフォールアセンション)は最大4人で遊べる2Dアクションゲームです。ローカル対戦プレイでのパーティーゲームとしてもオススメの作品です。インディーズゲームの好きな方がゲームバーでプレイしてることが多いですね。
画像が進化した昨今、おどろくべきは魅力的な8ビット風のドット絵で描かれており、昔懐かしいレトロな感じがGood!このグラフィックを見て興味を持った方ならハマってしまうでしょう!
ルールは極めてシンプル!
画面のフィールド上で「相手の残機が無くなる」または「時間切れになる前に敵を全て倒す」ことができれば勝ちとなります。
攻撃の仕方は、遠距離から攻撃できる弓や上から踏みつけての攻撃、ステージのギミック使い、水晶玉や氷柱を頭上に落下させて当てたりして攻撃します。
1発でも攻撃が当たれば残機を失ってしまうので、スリリングな戦いになります!シビアですね!

ステージギミックを巧みに扱い、色んな武器を使って勝利をもぎ取ろう!

 

ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★★☆

ゲームバーに来る20代後半~30代ぐらいのプレーヤーならわかる!
小さい時に、兄弟や友達と喧嘩になったであろうこの作品(笑)

みんなで盛り上がれるレトロゲームの代表作品の1つ!
ファミコンで発売されました。若い人はファミコンを知らないかもしれませんが・・・

4つのチームから1つを選び、「クロスカントリー」「障害物競走」「玉割り競争」「勝ち抜き格闘」の4種類の競技の総合得点を競うゲームです。

この運動会、殴る蹴るの妨害行為がOKで、落ちている鉄アレイや棒を拾って攻撃できたりと・・・そんな素敵な運動会になっております。

一言で表すと「ヤンキー達の大運動会」です。。

なんでもありのハチャメチャルールなので、みんなで盛り上がりながら対戦しましょう!

PS3でリメイク版「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~」が発売されております。そちらも楽しいです♪ゲームバーで対戦する時はこちらの方がいいかもしれません。(ファミコン版は4人でする時は別途コントローラーがいるので)
くれぐれもゲームバーで喧嘩はしないように(笑)

 

ストリートファイター2


難易度:★★★★☆
プレイ人数:1~2人
オススメ度:★★★★☆

対戦型格闘ゲームを世に広めた代表作品。
ゲームバーPeeGeeで懐かしみながらプレイする人が多いです。
ゲームバーに来る人の中には、スト2だけは昔やったことある!って人も多いかと思います。

キャラクターを選んで必殺技を駆使して、相手と対戦する格闘ゲームになっております。

ちなみにこのゲーム、1994年にハリウッドで実写映画化されてます。さらにアニメ映画化もされてて、その時の主題歌「恋しさと せつなさと 心強さと」が202.1万枚のダブルミリオンを記録。それを歌っていた篠原涼子が一躍有名になったきっかけとなりました。
ゲームバーに来る若い世代の人は知らないんだろな~(*・ω・)

シンプルなゲーム性なのでゲームバーに行った時には一度やってみて下さい。

 

美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!?主役争奪戦


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~2人
オススメ度:★★★☆☆

ゲームバーPeeGeeで女性がやってるとこをよく見るのでご紹介。
おそらくセーラームン世代の人か知ってる人たちが興味本位にするのでしょう(笑)

意外とゲームバランスが良いとの声があったりする作品です。

セーラームーンとか懐かしいー!みたいな方はやってみては?

 

シューティング系

ゲームバーで人気のスプラトゥーンを筆頭に銃で撃ち合うゲームを集めてみました。
ゲームバーに行った時は一度プレイしてみて下さい。みんなでやると楽しいですよ♪

スプラトゥーン


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大8人(オンライン対戦時)
オススメ度:★★★★★

ゲームバーPeeGeeにて、スプラトゥーン競合プレイヤーで公式の大会「スプラトゥーン甲子園」で優勝経験もある「ダイナモン氏」の講習会が行われるぐらい人気のあるゲームです。

最大4対4で対戦する、ガンシューティングゲームの一つ。(ジャンルはTPSといいます)
主に「ナワバリバトル」「ガチエリア」「ガチホコ」「ガチヤグラ」の4種類のゲームルールがあります。

初心者の方は、まずは「ナワバリバトル」をやってみましょう。
ルールは簡単。
「フィールド上に自分のインクを塗りまくり、その塗った面積で勝敗が決まる」
そして、面積の多い方のチームが勝利となります。

プレイヤーは銃やローラーなどの様々な武器を使用して、フィールドを塗ります。相手を倒すこともできますが、勝敗は塗った面積で決まります。

男女共に非常に人気のある作品です。
ゲームバーで初めてプレイして、楽しかったから本体ごと購入したって声をよく聞く作品です。
一度、ゲームバーに行った時はプレイしてみて下さい
どこのゲームバーでも人気のある作品かと思います。

 

ゴールデンアイ 007


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★☆☆

映画、007ゴールデンアイをゲーム化した作品。ニンテンドウ64のゲームの中でもトップクラスに評価の高いゲームです。

銃を撃って相手を倒すと得点が入る「通常対戦」は、最大4人で同時にプレイが可能で、非常に熱い対戦が期待できます!

対戦用のオリジナルステージが4つ、対戦用にアレンジされたミッションモードのステージが5つ、合計9ステージ用意されています。

ゲームバーに来るニンテンドウ64世代の人が懐かしがってやってるイメージですね。
やったことのない人もゲームバーに行った時には一度プレイしてみて下さい。

 

コールオブデューティブラックオプスIII(PS4)


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★☆☆

主観視点でキャラクターを動かして、主に銃を使って敵と戦うシューティングゲームです。(FPSというジャンルになります)
PS4版はマルチプレイとゾンビモードに関しては最大4人同時プレイが可能になっています。
マルチプレイは上にもあげた、ニンテンドウ64のゴールデンアイ007のように4人で撃ち合う遊び方が可能になっています。
それ以外には、コンピューターを倒した数を競うルールもあり、こちらも盛り上がります!

やったことのない人は難しい印象があるかもしれませんが、実際やってみると、直感的に動いてくれるので、思い通りに戦えると思います。
あと、「コール オブ デューティ」シリーズは、ゲームの初心者の方でも安心してできる、「幅広い難易度設定」や「照準アシスト機能」が搭載されているので、初めてFPSをやってみる人には優しいゲームになっています。

それでもやり方がいまいちわからない場合は、ゲームバーに来て出来る人と一緒にやりながら教えてもらうのもいいかもしれませんね。

 

ボードゲーム・パーティー系・他

ゲームバーで盛り上がれる、ボードゲーム系やパーティー系のゲームを集めてみました。
比較的、簡単に誰でもできる作品ですが、やってみるといつの間にか時間が過ぎてるので、ゲームバーに長居してしまいます(笑)
友達とゲームバーに行った時にやってみて下さい。

桃太郎電鉄シリーズ


難易度:★☆☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

通称桃鉄
スマホアプリでもリリースされています。

ゲームの流れは、ランダムに決められる目的地に向かって電車で移動します。
ボードゲームの一種で、電車の移動はサイコロを振って進みます。
日本中を電車で回り、到着した駅の物件を買い集め、最初に決めた年数が終わった時点で、一番お金持ちになった人が勝ち!というルールのゲームです。
目的地に着くと、たくさんの援助金がもらえ、有利にゲームを進めることができるので、がんばって目的地に最初に着くようにしましょう!
ゲーム中には様々なイベントが発生。ゲームを有利に進めれるカードが手に入ったり、貧乏神にとりつかれ、資産をむしばまれたりします!貧乏神は別のプレイヤーをすれ違うとなすりつけることができるので、友達になすりつけましょう(笑)

スゴロクタイプのボードゲームなので、やったことのない人でも誰でもできると思います。
あと、日本中を回るので地理に詳しくなれたりします。

ゲームバーでやると長居してしまう、中毒性のあるゲームです。
ゲームバーでやるには適した作品かと思います。
夜な夜なゲームバーに行ってダラダラとプレイしてみるのもいいですね。

 

いただきストリート


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:1~4人
オススメ度:★★★★☆

これも上にあげた桃鉄のような、スゴロクタイプのコンピューターボードゲームになります。

「いただきストリート」の基本ルールは、サイコロを振ってマップ上のマス目を進み、盤上のお店を買っていき、今度はそのお店にとまったプレイヤーから、買い物料をもらってお金を稼いでいきます。

決められた目標金額まで誰よりも早く一番に到達した人が優勝というゲームです。

資産を増やす為に「株取引」や時には「5倍買い」という相手プレイヤーがすでに所持している物件を高額で無理やり買い取り、エリアを独占して高額な買い物料が発生するようにしたりできます。

有名なボードゲームに「モノポリー」がありますが、それに似た要素が多いゲームですね。

一番資産が多いお金持ちが優勝なのは、上にあげた桃鉄と同じです。

これもゲームバーでやってたらいつの間にか時間が過ぎてた!みたいになる作品です。

 

マリオパーティーシリーズ


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:最大4人(シリーズによっては最大8人)
オススメ度:★★★★☆

「ミニゲーム」がたくさん詰まったパーティーゲームです。
あまりゲームをしたことのない方で、みんなで楽しくわいわいしたいのならマリオパーティーシリーズのゲームを選んどけば間違いないです!
女子会や2次会でゲームバーを利用する人がよくやってるイメージですね。ゲームバーでやる為に生まれてきたような作品(笑)

基本的にすごろく風のゲームになっており、サイコロを振ってマスを進んでいきます。止まったマスでは様々な「ミニゲーム」をプレイする流れでゲームは進行し、規定のターン数が経過するなど、条件を満たすとゲーム終了となります。

多種多様のミニゲームが盛りだくさんで入っているので、盛り上がれること間違いなし!です。
ゲームバーなんかでは人気のパーティーゲームの王道ですね。ゲームバー向きです。
ミニゲームをやりすぎて手を傷めないようにしてくださいね(笑)

 

マインクラフト(PS4)


難易度:★★★☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★★☆

世界中で大人気のものづくりゲームです。非常に人気のあるサンドボックスゲームで、PS4版では最大4人でのローカルマルチプレイができるようになりました。
ドットテイストなグラフィックでレトロゲームのような温かみがありますが、一応3Dです。
集めたブロックで建物を建てたり、様々なアイテムをクラフトしてあちこち冒険できるゲーム。
基本自由なゲームで、友達と協力して建物を立てたり、敵と戦ってみたり、ダンジョン探索をしてみたり・・・と非常に自由度が高いので、色んな遊び方を楽しめます。
協力プレイが面白いですね!
ゲームバーでみんなでやってる人は少ないかもしれませんが、PS4で4人でできる貴重なゲームなので紹介しておきます。

 

星のカービィ64


難易度:★★☆☆☆
プレイ人数:最大4人
オススメ度:★★★★☆

メインのゲームは一人用なのですが、ミニゲームは4人で遊べます。
ミニゲームは3種類あって、それも簡単な操作でできるので、初めてゲームするっ!って方でも楽しく遊べちゃいます。

ミニゲームの種類は「けんけんレース」「とるとるバトル」「おちおちファイト」で、どれも簡単でシンプルなルールになっています。
ゲームバーでみんなでやるのに適した作品ですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?他にもゲームバーに行った時に複数人で盛り上がれるゲームはあると思いますが、ゲームバー初心者でも簡単かつ盛り上がってできるゲームをテーマに紹介させていただきました
ゲームバーに行ったことのない方やゲームをあまりしたことのない方は一度、ここで紹介したゲームをやってみて下さい。ゲームバーで複数人でやると楽しいものばかりです。
どれか一つでもハマるゲームをみつけていただけたら嬉しく思います。
そんなハマるゲームを探しにいけるのもゲームバーの魅力だったりします。

 

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ