カルカソンヌ/Carcassonne

●ゲームバーPeeGee大阪心斎橋店にあるボードゲーム紹介
「カルカソンヌ/Carcassonne」

ゲームの紹介

カルカソンヌ/Carcassonneは、2001年にドイツで年間ボードゲーム大賞を受賞したボードゲームです。
地形タイルを1枚ずつつなげていき、大きな地図を作って得点を競うボードゲームです。

プレイヤーは山札から引いたタイルを、道や街など必ず絵柄が合うように敷き詰めていき、通路、都市、草原、修道院を形成していきます。自分の施設を大きくしたり、他のプレイヤーを妨害したりするゲームです。
配置したタイルの上にコマを置いたら得点を獲得できます。最後のタイルが置かれたらゲームが終了します。終了したら点数を数え、得点が最も高いプレイヤーが勝利となります。

世界大会も開催されている、ベストセラーのボードゲームです。

 

ゲームのルール

まず各プレイヤーに7つのコマを配ります。
スタート用のタイルを置き、それ以外の地形タイルは良く混ぜて山札として置いてゲームスタート。

地形タイルを1枚引いて配置します。この時タイルの地形が繋がるように配置しないといけません。
自分のストックのコマを1つ、今配置したタイルに置くことができます。(任意)
タイルの配置によって完成した、「道路」「都市」「修道院」ができた場合は得点計算を行わなければなりません。

点数は以下の通り
道路:両端が確定した際に完成。1ブロックにつき1点。
都市:地形が閉じたら完成。都市に使われているタイル1ブロックにつき2点、旗が描かれているブロックは1つにつき更に2点。
修道院:周囲8マスの全てにタイルが置かれたら完成。修道院1点と周囲のタイル8点の合計9点を獲得することができます。

タイルが全て置かれたらゲーム終了となります。
得点を計算し、最終的に獲得得点の一番高いプレイヤーが勝利となります。

お手軽な簡単なルールなので、気軽に楽しむことの出来るボードゲームです。
少人数でも楽しめますので、友達や恋人と2人でプレイするのも良し!5人までプレイできるので、家族や仲間とわいわい楽しむこともできます。出来上がっていくカルカソンヌを眺めていくのは感無量です。

 

作品のデータ

タイトル:カルカソンヌ/Carcassonne
メーカー:ハンス イム グリュック出版(Hans im Glück Verlags-GmbH・ドイツ)
作者:クラウス=ユルガン・レード(Klaus-Jürgen Wrede)
発売年:2000年
対象年齢:7歳~
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30分~40分程度
難易度:★★☆☆☆

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ